ほくろは安全な方法で除去しよう【綺麗素肌になる】

レーザー治療で除去をする

ウーマン

レーザー治療の種類

ほくろは美容皮膚科でレーザー治療にて除去することが可能です。レーザー治療で焼きとることによってほくろを綺麗に消すことができますが、レーザー治療にはいくつかの種類があるので、これから美容皮膚科でほくろ除去の治療を受ける人はどのような治療方法があるのかをまずチェックしてみてください。レーザー治療には主に炭酸ガスレーザーとQスイッチヤグレーザーの二つの方法があります。ほくろの形や大きさによってどの手術法が適しているか異なるので、美容皮膚科の専門医と相談をしてどの治療法が適しているのかを聞いておきましょう。5mm以下のほくろや盛り上がっているほくろを取り除きたいと考えているなら炭酸ガスレーザーでの手術をするのが良いです。この炭酸ガスレーザーはほくろの中にある水分を蒸発させることによってほくろ除去をしていきます。Qスイッチヤグレーザーでは炭酸ガスレーザーとは違い盛り上がっていないほくろに有効的であるとされています。メラニン色素でできたほくろに反応してレーザーで治療をすることができるので、メラニン色素が原因でないほくろには効き目が少ないといわれています。Qスイッチヤグレーザーは炭酸ガスレーザーよりも肌への負担が少ないので、極力肌の負担を軽減して除去したいならQスイッチヤグレーザーの方法でほくろ除去をしていきましょう。初めて美容皮膚科でほくろ除去を受ける人にとっては手術の方法や手術の痛みなど分からない点が多いので、しっかり医師と話しをして手術についての知識を得ておくようにしてください。

手術を受けるときの痛み

ほくろ除去をするときにレーザー治療で痛みを感じてしまうのでないかと不安になってしまう人も多いでしょう。レーザー治療では基本的に麻酔をして除去をしませんが、痛みが気になってしまう人は麻酔をして痛みを全く感じなくすることができます。ですがレーザー治療は耐えられない痛みを伴うこともないので麻酔をしなくても特に問題なくほくろ除去の手術をすることができるでしょう。レーザー手術で麻酔をするなら、その麻酔が痛いというところもあるので注意をしてください。痛みについては医師に事前確認をしておくと良いです。また治療中に痛みを感じることは少ないですが、術後に痛みを感じる人も多いです。術後は痛みを感じても時間の経過とともにそれは少しずつ薄れていくので我慢をするようにしましょう。痛みが長く続くのであれば美容皮膚科を訪れて専門医と相談をしてみてください。状況に応じて薬を処方してくれることがあります。また傷跡もしばらく残るので定期的に美容皮膚科へ通って専用の薬を処方してもらってケアをするようにしてください。