ほくろは安全な方法で除去しよう【綺麗素肌になる】

原因を追究しよう

女の人

ほくろができる原因

人間は誰にでもほくろが出来てしまいますが、その出来る数は人によって異なっています。たくさんできる人もいれば数え切れるくらいのほくろで留まる人がいます。なぜほくろができる数が人によって違うのかを探っていきましょう。ほくろは身体の中にあるメラニン色素によって発生しており、このメラニン色素が過剰に発生することでほくろを作り出してしまいます。メラニン色素が多くなるのは紫外線が主な原因だとされており、夏場など紫外線を多く受けやすい時期はほくろを発生させやすくなります。ほくろができないようにするためにはしっかり紫外線対策をしておくようにしましょう。UVケアができる日焼け止めや日傘、帽子などを被って紫外線を防ぐようにしてください。またほくろができるのは紫外線だけに限らず日々のストレスや生活習慣によっても引き起こされることが多いです。日常的なストレスや不規則な生活習慣によって身体の中のホルモンバランスが崩れてしまい、それによりメラニン色素を生成させてしまうことでほくろの発生に繋がってしまいます。ほくろを作りたくないなら規則正しい生活習慣を送るとともにストレスを溜めない生活を意識するようにしてください。もしほくろが出て除去したいというなら美容皮膚科へ行って専門医に除去をしてもらうようにしましょう。セルフでほくろ除去をすると肌トラブルになる恐れがあるため絶対に自分で切除をしないようにしてください。

術後の経過を見る

美容皮膚科で手術を受けることによってほくろを無くすことができますが、手術をしてすぐにほくろが完全になくなって綺麗な肌ができるというわけではありません。手術直後は患部に腫れや赤みなどの炎症が残っている状態のため、綺麗な皮膚を再生させるために術後のケアを続ける必要があります。完全にほくろが消えて綺麗な肌状態になるまでには数か月かかるとされていますが、身体の部位によっても完全完治までの日数が大きく変動します。身体の皮膚よりも顔の皮膚は再生力が早いとされているため、顔にできたほくろを除去した場合は数週間から一ヶ月で皮膚が再生されて目立たなくなるようです。個人差もあるためあくまでも日数については参考程度にしておくようにしましょう。また術後のケア方法によっても皮膚が再生されるまでの日数が異なります。早く皮膚を再生して患部を目立たせたくないというなら毎日ケアを徹底して行なうようにしましょう。女性の場合気になる顔の炎症などは化粧で隠すこともできますが、肌刺激を受けやすい状態のときは化粧を控えるようにしてください。化粧が可能かどうかは美容皮膚科の医師に確認をして了承を得てから化粧をするようにしましょう。